ボールウォッチ

1891年のキプトンの悲劇といわれる列車事故により、

時計師であるボールが事故調査にあたり、同路線の時計検査官責任者に

任命され、同年に会社組織へ変更。

1897年には鉄道時計の製造・販売を開始し、

1980年には、1897年から鉄道時計を発売してきた最長のメーカーとして認められる。

アメリカ鉄道時計=ボールウォッチと認知された。

2001年、マイクロガスライトを利用した世界初の機械式腕時計「エンジニア」を発表。

以降、『No.1タフ&ディペンダブル・メカニカルウォッチ』

(もっとも丈夫で、信頼性の高い機械式腕時計)の開発ミッションの元に、

数々の特許を取得し、革新的な時計をつくり続けます。

エンジニアM

エンジニアⅢ

エンジニアⅡ

エンジニア ハイドロカーボン

ストークマン

トレインマスター

エンジニアマスターⅡ

  • SHIHO(シホウ)
    〒650-0022
    神戸市中央区元町通2丁目7-6
    TEL:078-335-0550
    MAIL:info@shiho-watch.com